西コンで活躍している仲間たち

西日本コントラクトは九州をはじめ日本各地で活躍の場を広げています。 西コンでは実際にどんな仕事をするのか、どんな仕事環境なのか 現場で活躍する先輩社員の声をご紹介いたします。

前職 / 事務職(保育園)

2020年入社

許認可審査業務合代 早紀

西コンに入社したきっかけ

転職先を探していたところ、西コンのホームページを見て未経験で入社した社員の方も多い事を知り、挑戦してみよう!と思ったことがきっかけです。前職は土木業とは関係のない職業でしたし、男性社会のイメージがある土木業で体力もない女性の私が務まるのか不安もありましたが、祖父が土木業を営んでいたこともあり、土木を身近に感じて育ってきたため、やってみたい!と思う気持ちの方が大きかったです。

普段どんな業務を行っている?

道路法に基づく申請の窓口対応、打合せや審査など、庁舎内でのデスクワークが主な内容です。現地調査や立会い等では現場に出ることもあります。現場によっては法面や竹藪など道のない箇所に入って調査をすることもあり、大変なときもありますが、やりがいがあります。入社してすぐのころは、はじめて目や耳にする言葉が多く、業務内容を把握するのに必死でしたが、入社して2年が経ち、業務内容も大体把握し、理解できるようになってきました。

有休も取得しやすく、子供の行事にも参加することができます

しごとのやりがいについて

入社してすぐのころは、専門的な知識のない私が発注者支援業務をやっていけるのか不安もあり自信もなかったのですが、問題が解決し発注者の方から感謝のお言葉をいただけた時には頑張ってよかった!と思える瞬間です。人の役に立てた時にやりがいを感じます。

今目標としているところ

土木に関する専門的な資格を持っていないため、資格取得を目指して勉強中です。はじめて耳にするようなワードばかりで、はじめのうちは全く意味が分からないことばかりでしたが、経験を積むにつれ、少しずつですが理解できるようになってきました。早く資格を取得して業務に役立てることができるよう頑張ります。

終業後や休日の過ごし方

カレンダー通りに休暇があるため、週末や長期休暇は子供の部活動の送迎や応援、DIYで自宅のリフォームや趣味のお菓子作りをしたりと充実した休日を過ごすことができています。また、年次休暇も取得しやすく、子供の学校行事にも参加することができますし、通院で急用が入った場合も対応してもらえるため、大変助かっております。

就活生、転職希望者にアドバイス

ホームページや求人内容を見ただけでは発注者支援業務とはなにか理解するのは難しいかと思います。どれも難しそうな内容に見えますが、新入社員に対しての研修も充実していますし、上司や先輩にも相談しやすいため土木関係の資格や専門的な知識がなくても挑戦しやすい会社だと思います。土木業=体力仕事のイメージがあり、過酷な現場作業を思い浮かべますが、実際に働いてみると想像していた土木業の仕事とは違い、女性の私でも安心して働くことができています。

>>>木村 慎太郎 さんのインタビューを読む

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー